月島さくら

五十路熟女

「おばさんの下着で興奮するの?」脱ぎたてのパンティで甥っ子の精子を一滴残らず搾りとる叔母 月島さくら

叔母夫婦の家に転がり込んだ甥っ子。叔父の長期出張が終わるまでという条件付きではあったが、初恋相手である叔母・桜との同居生活に満足していた。そばにいられるだけでいい。最初はそう思っていた。しかし桜が結婚して以来、封印していた淡い恋心が再び蘇ろうとしていた。体の奥底で芽吹く肉欲を抑えきれなくなった甥は、桜の下着をオカズに何とかやり過ごそうとするのだが…。
タイトルとURLをコピーしました