小早川怜子

声が出せない絶頂授業

声が出せない絶頂授業で10倍濡れる人妻教師 小早川怜子

昼間は教員としての職務をまっとうし、放課後は秘密裏に教え子との逢瀬を重ねる。怜子は教師にあるまじき背徳行為を楽しんでいた。だが最近、教え子がさらなる刺激を求めて校内での関係を要求するようになっていた。それはさすがに危険だと怜子は釘を刺す。だが血気盛んな若者は聞く耳を持ってくれずに…。見られたらすべてが終わる危険な校内情事。怜子は拒絶しながらもスリルと背徳感に感じてしまっていた。
タイトルとURLをコピーしました