加藤あやの

五十路熟女

「おばさんの下着で興奮するの?」脱ぎたてのパンティで甥っ子の精子を一滴残らず搾りとる叔母 加藤あやの

就職先から近い叔母の家に一時的に下宿させてもらっている一郎。長期出張中の叔父が帰ってくるまでという条件下だが、憧れの叔母と二人きりの生活に日に日に欲望が抑えられなくなってきていた。叔母が入浴中なのを確認してから、こっそり下着の匂いを嗅ぐ日々。今日も脱ぎたてホカホカの生暖かいパンティの香りに癒されようとしていたところ…叔母と鉢合わせしてしまって…。
タイトルとURLをコピーしました